別居4日目 、昼

色々動きすぎて疲労。
雨で寒いし、くしゃみ連発、こんな日は片付けを保留しよう。休もう。
別居…うちの場合は、夫と娘だけで決定し、即実行され、住所も教えてくれてない状況だけど。
びっくりしたけど、その場で私が泣いたり、反対したり、怒ったりしないのは、無駄だとわかってるから。夫がしそうな事だとわかってる自分に、さすが彼の妻やってきただけあるなと思うほどだ。
理由なんて、1つではない。
長年の蓄積なのだろう、色んな綻びは山ほど語れる。
ありすぎて書ききれないけど、今、1つ1つ思いだして、書き留めておこうと思っているところだ。
明日、地震が来るかもしれない。
明日、病気や事故がおきるかもしれない。
私が思っている事を吐き出したい。
夫には、何一つ聞いてもらえなかったから。
聞いてもらいたい人もいないから。
それで、ブログなんだ。
別居には、みんなに原因があって、みんなに理由があって、夫は、2対1で、家族を分断した。

どの家にもそれぞれの事情があるように、ひとくくりではいかない。
育ってきた環境、性格、全く違うんだし。
夫は会話しない人で、話し合いをできない人で、解決しようと向き合わない人で、20年過ぎていった。
彼は、嫌な事が彼の中にインプットされると、クリアされずに、凝り固まっていくタイプだ。
娘がいたから、なんとか家族という形を保ってきたのだろう。
夫は、逃げたんだ、嫌な事から、私から、この家から。彼は自信家で、この別居の仕方も彼にはパーフェクトだろう。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blueblue9999.livedoor.blog/archives/5069560.html