冬の体操服と毒母のこと

IMG_20190812_173441

12月が近づいて
朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね。

自宅の近くに
小学校があるんですが

昼間に前を通ると
半袖・短パンの体操服を着た
生徒達が元気に校庭で
体育の授業を受けていました。

最近では
真冬に半袖はおかしい
という声が増えてきて
学校によっては
長袖や長ズボンを
選べるようになったそうですね。

私が子供の頃の小学校では
女子は強制的に半袖とブルマでした。

ですが、
私も姉も真冬に
半袖で授業に参加することは
ありませんでした。

なぜかといえば、、

頼もしき我が家の毒母が
学校に乗りこみ
担任に向かって一方的に

「ウチの娘は気温が◯◯℃以下になったら
ジャージを着させますから!」

と宣言して決めてしまったからです。

今でいうモンスターなんとか
だったんでしょうねえ。。

他にそんな事を言う
親御さんはいなかったと思うので。

個人的には
動きやすい恰好であれば
気温に適した服を着ればいい
と思っていますが

小学生だった当時は
寒さに震えるみんなの中で1人だけ
暖かい服装をしている自分が
怠けているような
ズルをしてるような気がして
何とも居心地の悪い思いをしました。
(それでも暖かいのは助かったけど)

私よりも協調性の高い姉などは
こっそり校庭の隅に
ジャージを脱いで
皆と同じ服装に合わせた事も
あったようです。

教育論、健康論の中で
何が正解なのか私にはわかりませんが

めちゃくちゃな教育方法だった母の所業の中で
体操服に関してだけは
理に適っていたように思います。
(その一方で突然怒り狂って
大雪の日に屋外に立たされたりしましたが)

身体が弱い子供に
薄着をさせても体調を崩すだけです。

今思えば
皆に同じ事を強要する
軍隊方式な学校制度に
不信感を持ったのも
あの体操服の件が発端かもしれません。

そして時を経て大人になってからは
社会の枠組みから逸脱せずに
自由に生きる方法を探してますが

いまだに見つけられてません。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://sotukon.com/archives/20124646.html