やっぱり控訴するんだ・・・

 たった懲役6年・・・。
自分の息子や娘に与えた苦しみに比べたら、
何て軽すぎるんだろう?

 我が子を包丁で30数カ所もめった刺し・・・!
その時母は、止めなかったのか?
自分のお腹を痛めて生んだ子を、
たとえどんな理由が有ったとしても、
最後まで味方でいてあげたいとは思わなかったのか?

 散々苦しめられてきたから?
だから殺した?
では、自分たちは、本当に息子を苦しめては来なかった?
そう、心から思っている?

 あなた達は息子を殺した。
けれど、あなた達の息子は、
複雑な思いを抱えながらも、
あなた達を最後まで殺さなかったよ・・・。
 
 このままでは殺されると思った?
それは、あなた達が勝手に思ったこと。

 殺されるのが怖かった?
そんなに生きていたか

 自分たちの息子がこのままでは他人に危害を加えると思ったから、
その前に殺しました・・・。

 もしそれが本当なら、
息子を殺したのが、自分たちのためではなかったと言うのなら、
何故息子とともに死ななかったんだろう?
 一緒に死んであげることすら出来なかった自分たち夫婦を恥じて、
懲役では足りないと、死刑にもしくは無期にしてくださいとは
思わないのか?

 親だから、必ずしも子供が可愛い訳ではないんだと・・・
この人達を見ていると、とても悲しい気持ちになります。

 娘さんの自殺の原因は、
本当に息子さんだったのだろうか?
弟のせいで縁談が壊れる・・・。
本当にそのことだけで、自殺?
娘さんも、息子さんも、もうこの世にいない。
死人に口なし・・・。
弟のことでも悩んでいたかもしれないけれど、
弟への心無い親の対応や、
親の自分への態度や、
いろんなことに絶望してのことだったかも知れない・・・。

 今、裁判で語られていることは、
全部、父親や母親に都合の良い話ばかり・・・。
都合の悪い話は、全部、息子と娘があの世に持って行ってくれた・・・。

 もし、本当に息子が全て悪かったにしても、
自分が殺めてしまった息子の最後の名誉の為に・・・
あれこれと理由をつけて、息子を悪者にして
自分の命乞いをしてほしくなかった。

 英一郎さんは、本当は
お父さん、お母さんの、本当の愛情が欲しかったのではないだろうか?
見栄や外聞ではない、
素のままの自分を受け入れ得て欲しかったのではないだろうか?
 幾つになっても、大人になりきれず、
永遠にかなわない事なのに、
本当の家族を求め続けていたのでは・・・?

 もしそうだとしても、
今、自分の事しか頭にない両親には、
届くことがない想いなんだろうな・・・。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://hitoribotthi.blog.jp/archives/5068364.html