まわるまわるよ

歌、っていいですね。(いきなりどうした)

FNS歌謡祭を観ている。
先程、誰かがテレサ・テンの時の流れに身をまかせ、を歌っていた。
いい。テンはいい。テレサはいいのだが。
一度の人生それさえ、捨てる事も構わないってさ!
何言ってんだい!
母さん、捨てるのは嫌だね。
周りの事も考えなさいよ、周りの事も。
これ、不倫臭のする歌だよね。
テレサはいいのよ。儚げで。
ただ不倫されるのを経験すると、なかなかどうして「アホか。人生捨ててどないすねん!」という感想になるから不思議である。
不倫&不登校真っ只中の暗黒期に、耳にした中島みゆきの「時代」。
いつか笑って話せるわ、っていつやねん!
笑えるかい!ボケッ!と思いながら、聴いていた。
これもまた先程、薬師丸ひろ子が歌っていたのだが、いや本当だわ。
みゆき、すまん。
今、不倫の話も不登校の話も笑って話してるわ。
なんなら元旦那の…(以下自粛)。
とにかく、中島みゆきの言う事は正しいと証明された。
昔は今時の歌以外の歌は無くてもいいのにと思いながら観ていたが、昔の歌、いいじゃないか。
むしろいいじゃないか!
母さん、順調に歳を重ねております。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/jinseiuwamuki/archives/33933092.html