これは、金の無心か

それは家族会議の数日後。

この数日は、何事も無く過ぎていった。

Aに借金の事を知っていたか聞いた。
「何となくはなぁ。あのクソ親父は、どうしようもないからなぁ。」
長年の借金慣れなのか、私ほどのショックは無さそうに見える。

結婚する前に、もっと詳細な事を知りたかったと伝えた。
A「じゃあ、何?サンドラは親の借金があったら、結婚しなかったって言うのか?」
たちまち不機嫌になる。

予想通りの反応。

「そういう事じゃないけど。
Aはどうするつもりなの?この先、考えてるの?お姉さんと協力して返済するとか」

「いやー、姉貴はどうしようもないだろ。
外で働いてないし。親父に任しとけば良いんじゃないか?」
Aは考えたくない、面倒くさいという気持ちが全身からにじみ出ていた。

Aはファザコンなうえ、自分の生い立ちに関するすべては、立派だと思いたがる。
立派な父親以外は認めたくない、関わりたくないのだ。

(私から見れば、なにが立派かよく分からない義父だった。ただの、頑固なオッサンだ)

私も早く働かなくては。
のんびりするつもりだったけど、そんな気持ちには到底なれない。

Aが仕事に行っている時間に義母から電話がかかって来た。
それは、驚くべき内容だった。

「サンドラさん!
あのね、今、急に70万円必要になったの!大丈夫かしら…」
大丈夫って何が?

私「70万円ってどういう事ですか?」
義母「銀行との話でね、ちょっと70万円どうしてもいるの」
もう、なんと言ってよいやら。
この前、80万貸したばかりなのに。

私「はぁ、そうなんですか…」
義母「このこと、頭に入れておいて!じゃ、とりあえず切るわね!」

どうすれば良いのか。

帰宅したAに事の報告をした。

「えー、俺には連絡ないけど。放っておけば?」

私も更に何かあれば、義母から連絡がくると思い、放っておくことにした。
だって、うちにも大した残金なんて無いのだから。

その後、義母からは連絡なく、義実家へ行ったときも、何事も無かったかのようにニコニコと対応された。
Aの推測では、義祖父にお金を借りたのでは?との事だが、真相ははっきりしない。

いつもこうだ。

義実家の借金の事も5~6千万円というのは、当時も今も、私の推測だ。
その後、詳細な額を聞いた事は無い。
どう返済するのか、そもそも返済する気なのかも、語られる事は無かった。

返せるか不安になり、騒ぐだけ騒ぐが、その後どうするか、という報告や相談は一切ない。
結婚生活が破たんするまでの間、ずっとだ。

これは、一種人をが馬鹿にしている行為だと思う。

心配するような人間では無い、と思われているのか。
相談できるような人間では無い、と思われているのか。なら、初めから言わなければ良いこと。

次の記事で、義実家の借金に関する私の不満を書こうと思う。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/sandra717/archives/8407364.html