8月に離婚したフッキ…新恋人と元妻の意外な関係とは?

2016年夏から上海上港でプレーしているフッキ [写真]=VCG via Getty Images

写真を拡大

 上海上港に所属する元ブラジル代表FWフッキが、プライベートで話題を振りまいている。ブラジルメディア『Corriero』やペルーのメディア『AMERICAS TV』などが伝えている。

8月離婚、10月交際スタート

 フッキは12年前にイラン・アンジェロ・デ・ソウザさんと結婚し3人の子どもをもうけていたが、今年8月に離婚。その後、10月頃からカミーラさんという女性との交際をスタートさせていたが、彼女はなんと元妻であるイランさんの姪っ子だという。ちなみに、イランさんは33歳のフッキより8歳年上で、カミーラさんは2歳年下の31歳だ。

 フッキは12月21日にカミーラさんの両親に連絡を取って交際の事実を打ち明け、今後は2人の関係性をオープンにしていくと告げたという。

 イランさんとカミーラさんは非常に仲が良く、お互いのSNSアカウントに多くのツーショット写真を載せていたが、カミーラさんは今回のことが明るみに出た際、自身のインスタグラムを閉鎖している。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/sports/1224/sck_191224_0367125675.html