前進座の今村文美さん死去、61歳 数々のヒロイン

今村文美さん(03年7月撮影)

写真を拡大

前進座の女優今村文美(いまむら・あやみ、本名宮城文美=みやぎ・あやみ)さんが20日午前1時ごろ、自宅で亡くなった。
23日に劇団前進座が発表した。61歳だった。通夜は26日午後6時、告別式は27日午前11時に東京・杉並区上荻の光明院で営まれる。
今村さんは前進座創立期のメンバー藤川八蔵の孫で、兄は藤川矢之輔。1965年「五重塔」で初舞台。79年に前進座に入座し、現代劇、時代劇をはじめ、歌舞伎作品でも数々のヒロインを演じた。14日千秋楽の「柳橋物語」のおせん役が最後の舞台となった。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1223/nsp_191223_7680233821.html