優樹菜&フジモン、離婚の決定打となった大喧嘩とタピオカ騒動

夫婦にすれ違いが生じていたという(時事通信フォト)

写真を拡大

 2019年の大晦日に世間を騒がせた、木下優樹菜(32)と藤本敏史(49)の“駆け込み離婚”。おしどり夫婦として知られた2人は、いかにして別れを決意したのか。その背景を追った。

 2010年8月に1年半の交際を経て結婚。2012年に長女を2015年に次女をもうけ、公私共に上手くいっていた2人だが、近年は夫婦間で言い争いが増えていたという。

「当初、この夫婦関係が上手くいっていたのは、藤本さんが“大人”だったから。優樹菜さんは17才も年下だから、藤本さんは一歩引いて、彼女のご機嫌を取るような形で、上手く関係をコントロールしていたんです。でも、ここ数年、藤本さんは優樹菜さんに強く当たるようになった。原因の一つが子育てです」(木下の知人)

 2人は共に育児に熱心なことで知られる。優樹菜は毎年のように「好きなママタレント」の上位にノミネートされ、藤本もイクメンぶりが有名だ。そんな2人だからこそ、意見がぶつかったという。

「5年前、一家は都内の閑静な住宅街にマンションを購入しています。少し都心から離れたところですが、娘さんたちの進学先を考えて、その引っ越し先を選んだんです。子どもたちの将来をしっかりと考えていた夫婦ゆえに、お互いの意見で譲れない部分も出てきた。いつしか藤本さんは優樹菜さんの言動に、厳しく注意するようになっていたんです。彼女のインスタの内容にも注文をつけるようになっていきました。

 勝ち気な性格の優樹菜さんですから、反論することもあった。藤本さんは17才も年上だし、弁が立つから、口喧嘩では彼には勝てない。時には罵声を浴び、厳しい言葉で言いくるめられるようになる中で、優樹菜さんは彼の言動を“モラハラ”だと感じはじめていました。決定打となったのは1年ほど前の大きな喧嘩。この時以降、優樹菜さんは藤本さんに対して、恐怖を抱くようになってしまったようです」(前出・木下の知人)

 2019年に入ると、夫婦関係は修復不可能な状況になっていた。その年の8月28日、9回目の結婚記念日となったこの日、木下は自身のインスタに、仲睦まじい夫婦の写真をアップした。この頃にはマンション内別居が始まっていたという。

「仲睦まじさをアピールしたのは、10月末まで夫婦でのCM契約などがあったためでしょう。優樹菜さんは芸能界の親しい友人には既に離婚について相談をしていた。財産分与のこと親権のこと。弁護士を立てての離婚準備も始まっていたと聞いています」(前出・木下の知人)

 そんな最中、木下は姉が働いていたタピオカ店の店長に、恫喝めいたメールを送ったという、いわゆる“タピオカ恫喝騒動”を起こしてしまう。離婚の直接的な原因ではないが、木下の“心労”を増やし、決断を急がせた可能性はあるかもしれない。

「藤本さんは、旦那さんとしても父親としても優しくて立派な方だと思います。タピオカ騒動の時も優樹菜さんを気遣っていたし、相手側への謝罪にも同行していたりと、離婚協議が進む中でもしっかりと夫としての役目を果たしていました。

 夫婦間の衝突は子供のことを思うがゆえ。それがここまで尾を引いてしまうとは……。離婚協議の最中は冷静な話し合いができたと聞いています。親権は優樹菜さんが持つことになるようですが、藤本さんもこれまで通り、父親として娘さんたちの育児にはかかわっていくようです」(前出・木下の知人)

 令和元年はいくつもの芸能ニュースが世間を騒がせたが、特に木下と藤本にとって、忘れられない年となったことだろう。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1231/sgk_191231_7994175255.html