“フジモン&木下優樹菜離婚”でゲッターズ飯田が話題

お笑いコンビ・FUJIWARA藤本敏史(49歳)と、タレントの木下優樹菜(32歳)に離婚報道が出た。31日付けのスポーツ各紙が一斉に報じているが、この離婚は、占いタレントのゲッターズ飯田が占った結果と合致しているのではないかと話題を呼んでいる。  

各紙の報道によると、2人は1年ほど前から同じマンション内で別居。夫婦で出演していたCMの契約などもあり、関係修復に向けて話し合いを重ねていたという。木下が起こしたいわゆる“タピオカ騒動”(姉が務めていたタピオカ店を恫喝→無期限活動自粛)が直接の引き金になったわけではないものの、そこから関係修復は難しかった、などと報じられている。

そんな藤本だが、実は12月27日に放送された旅番組「蛍原×大輔×フジモン ほとバス〜小京都・金沢で多数決旅〜」(関西テレビ)の中で、ゲッターズ飯田から、3人の中で最も2020年の運勢が悪いと言われていた。

ゲッターズは「2020年はいろんなことを失うという年になりそうですし、人との縁が切れる」と切り出し、「収入が落ちるっていうか、落ち着くかなと」「仲良くしていた仲間とかスタッフがちょっと離れる。極端に言うと裏切られる」と占い、2020年の過ごし方として「去った人のスペースに誰かが入ってくるのを待つ。2021年から運気が上がりますんで、2020年の1年間はあんまりガツガツ動かず、なにが良いか、悪いかを仕分けする流れに」とアドバイスを送っていた。

そのため、Twitterなどネットでは「ゲッターズ当たってない? これ」「フジモン、本当にいろんなこと失ってる」「フジモン、嫁との縁が切れる」「ゲッターズがすごいのか、ゲッターズの占いを聞いてフジモンが決断したのか」「ゲッターズの本がまた売れるな」などの声が上がっている。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1231/nrn_191231_1735889127.html